経営戦略ビデオの専門店 はじめての方へ 事業概要 注文について 特定商取引法 DVD一覧 ビデオ制作 サイトマップ
      経営戦略ビデオの専門店      
経営戦略DVD1 経営戦略DVD2 経営戦略ビデオ 会社事例研究 あの人は今 致知研究会 福岡藤原塾

高収益企業から弱者の戦略を見つける事例研究
ランチェスターユーザーのための研究会を開催中です。


何を選択し どのように集中するのかここでは、業歴も永く30年を超えて高い収益性を持ち、なお発展を続けている企業から弱者の戦略をいろいろな角度から研究確認していきます。
弱者とは、経営条件が不利な会社のことです。

今、現在の限られた人・者・金・情報のエネルギーで、今後
何を選択しどのように集中するのか、と言うことですから、
弱者の戦略は不利を前提とした挑戦者の戦略と言えます。


弱者の会社が、周りの競争相手よりも明らかに、不利な条件の中から、どうやっていったら会社が伸びて行くのかを、ランチェスター経営の稲田氏が、公開された資料(ホームページ・雑誌・新聞、等)から
確認していきます。




〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

経営判断の基準を高めます。
高収益企業の、主に会社沿革を通じて、時代に いかに対応していったのかを学びます。
弱者の地域戦略、営業戦略、顧客戦略、商品戦略など、打つ手を検証していきます。

毎回、高収益の会社を取り上げます。
大企業だから 強者の戦略を とり続けているのか、そうではない場面では、どのような経営戦略を 展開するのだろうか。
   再生クラブ 代表

回を重ねてケーススタディを50事例ほど、通して勉強してみれば、今から挑戦する会社の打つ手が見えてくるでしょう。

1回の勉強会が、今すぐに経営に役立つものではありませんが、ケーススタディを続けることで、少なくとも大きな失敗をしない、 継続できる会社作りをします。
つまり、経営判断の基準を高めます。




社長ならば、学び続ける姿勢と覚悟を持つ。

また、毎回、取り上げた会社以外で、あなたが知りたい
会社を研究したい場合に、研究の進め方がわかります。

社内グループでの会社事例研究や、あなたが気に
なっている ライバル会社などに研究を展開していこくとで、会社の発展に役立つと確信いたします。
事例研究会ダイジェスト(3:45秒)
勉強会の様子 


・当初の目標、50回すれば、起業時からの弱者の戦略が定着すると目標設定。
 2008年11月に勉強会48回ですが、終了いたしました。

・経営研究会のご案内 あの人は今 はこちらです。
・勉強会の参加者は、主に経営者の致知勉強会
 終了しました。


2008年11月に、終了いたしました。          最終更新:2008年10月
▼ 高収益企業から弱者の戦略を見つける事例研究に、取り上げた企業です ▼
DVDをご希望の方は、info@bisiness-v.com までお問い合わせください。 
会  社 内     容 日 付
11-
マブチモーター(株)
の事例研究
69分
小型モーター世界シェア5割以上。中国軸に全量海外生産。音響縮小傾向だが自動車向け拡大

従業員数761人 売上高756億円 経常利益161億円    
2008年2月5日(火曜日)
研究会
12-
(株)アドバンテスト

の事例研究
66分
半導体テスターが主力。メモリ用に加え非メモリ用も強化中。社長直轄で新事業育成。
財務堅固

従業員数1,459人 売上高1476億円 経常利益億387円  
2008年2月12日(火曜日)
研究会
13-
久光製薬(株)

の事例研究
67分
張る鎮痛消炎剤首位。湿布で約25%、テープは8割占有。
エスエス製薬から医療用医薬品を譲受

従業員数1,190人 売上高1126億円 経常利益289億円  
2008年2月19日(火曜日)
研究会
14-
ユニ・チャーム(株)

の事例研究
61分
生理用品・ベビー用・大人用紙おむつでトップ。ペットケア用品も首位級。
アジア・中東に展開

従業員数995人 売上高1742億円 経常利益172億円  
2008年2月26日(火曜日)
研究会
15-THK(株)
の事例研究
70分
直動案内機器で世界シェア6割。半導体製造装置向け、工作機械向け主力。
自動車向けを強化

従業員数3,080人 売上高1438億円 経常利益億306円  
2008年3月4日(火曜日)
研究会
16-(株)アマダ
の事例研究
65分
板金機械国内首位。切断機やプレス機、工作機など多彩。
割賦販売で中小企業開拓、海外積極的

従業員数1,683人 売上高1381億円 経常利益237億円  
2008年3月11日(火曜日)
研究会
17-
東邦チタニウム(株)

の事例研究
63分
チタンをアイデンティティとする企業グループ。航空機メーカーやロケットメーカーからの技術要求は厳しく、最初の供給から長期間にわたって、常に高品質の材料を安定的に作う。

従業員数553人 売上高332億円 経常利益億114円  
2008年3月18日(火曜日)
研究会
18-
(株)オービック

の事例研究
69分
お客様の問題解決を長期にわたり自社一貫体制で実現するワンストップ・ソリューション・サービスは、当社の一貫したビジネスモデル。企業のニーズにお応えする250業種以上の業種・業務アプリケーション群

従業員数1,366人 売上高402億円 経常利益158億円  
2008年3月25日(火曜日)
研究会
19-
セコム(株)

の事例研究
72分
警備サービス業国内首位の株式会社。業界2位の綜合警備保障のおよそ6倍、3位のセントラル警備保障のおよそ80倍の規模を擁する。日本初の警備会社である。

従業員数13,274人 売上高3260億円 経常利益765億円  
2008年4月1日(火曜日)
研究会
20-
(株)ゼンリン
の事例研究
49分
1948年大分別府温泉の情報誌の最後付録ページの案内図からスタート。一軒一軒の建物名称・居住者名、バス停、道路の名称、交通規制情報など、街の姿を詳細に記載したゼンリン住宅地図

従業員数2,000人 売上高420億円 経常利益46億円  
2008年4月8日(火曜日)
研究会
21-
アイリスオーヤマ(株)
の事例研究
73分
メーカー兼問屋という新しい事業形態を確立。プラスチック加工メーカーから家庭用品、園芸用品をホームセンターに販売。リビング、家具用品の直営店を展開。

従業員数2188名 売上高755億円 (連結)1750億円
2008年4月15日(火曜日)
研究会
22-
(株)ドトールコーヒー
の事例研究
60分
日本で初めてのセルフスタイルコーヒーショップであるドトールコーヒーショップ第一号店を原宿に出店いたしました。以降、1,470店舗(直営店303店舗、加盟店1,167店舗) 傘下に低価格カフェのドトールとパスタ店主体の日本レストランシステム。財務体質良好

従業員数912人 小売事業売上高277億88百万円 卸売上高412億32百万円  
2008年4月22日(火曜日)
研究会
 ▲ このページのトップへ戻る

23-
(株モスフードサービス
の事例研究
53分
モスバーガー事業、厳選素材バーガーを特色にFC展開。商品開発力に定評。
ダスキンと資本・業務提携 

従業員数350人 売上高48,515百万円 経常利益1,116百万円
2008年5月13日(火曜日)
研究会
24-
(株)住生活グループ
の事例研究
54分
トステムとINAXを傘下に持つ純粋持株会社。アルミサッシ最大手。住宅設備機器も首位級

従業員数(単独)35人(連結)32,226人 売上高(単独)12,169百万円 
(連結)1,103,839百万円経常利益(単独)11,750百万円(連結)37,716百万円
2008年5月20日(火曜日)
研究会
25-
カシオ計算機(株)
の事例研究
56分
戦略分野のデジカメ、携帯端末、液晶デバイスが着実に成長。
電子辞書や時計が好採算事業

従業員数(単独)3,221人(連結) 13,246人 売上高456,632百万円 経常利益29,183百万円
2008年5月27日(火曜日)
研究会
26-
旭化成(株)
の事例研究
60分
旧・日本窒素系で1922年創業、化成品・住宅・電子等へ多角化。
持株会社移行、7事業体制 

従業員数(単独)782人 (連結) 24,295人 売上高456,632百万円 経常利益29,183百万円
2008年6月3日(火曜日)
研究会
27-
コマツ
(登記社名:小松製作所)の事例研究
58分
建設機械で世界2位。アジア地域でシェアトップ。生産は多国籍。本業強化でM&Aに積極的  

従業員数(単独)6,873人 (連結) 39,267人 売上高926,731百万円 
経常利益135,500百万円 
2008年6月10日(火曜日)
研究会
28-
(株)村田製作所
の事例研究
64分
電子部品専業大手。セラミックコンデンサーで世界トップ。原料からのセラミック技術に強み

従業員数(単独)6,429人 (連結) 34,067 人 売上高530,866百万円 経常利益56,419百万円
2008年6月17日(火曜日)
研究会
29-
(株)堀場製作所
の事例研究
70分
独立系の分析機器大手。エンジン計測器で世界市場8割占有。海外でのM&Aに積極的

従業員数(単独)1,235人 (連結)4,976人 売上高56,600百万円 経常利益9,411百万円
2008年6月24日(火曜日)
研究会
30-
会社事例研究
30回目を迎えて
今回は会社事例研究 30回目を迎えて

会社事例研究 30回目を迎えて今後の事例研究会のスタイルについて語る内容です。  
2008年7月1日(火曜日)
研究会
31-
(株)島津製作所
69分
分析・計測機器大手で医用機器、航空機器にも強い。半導体・液晶関連、バイオ・環境を育成  

従業員数(単独)3,140人 (連結)9,326人 売上高171,096百万円 経常利益8,730百万円
2008年7月8日(火曜日)
研究会
32-
(株)島精機製作所 77分
電子制御横編み機の大手。国内9割、海外6割のシェア。ソフト、CGでも高い技術力

従業員数(単独)1,086人 (連結)1,680人 60,850百万円 13,709百万円
2008年7月15日(火曜日)
研究会
33-
(株)くらコーポレーション
の事例研究 34分
関西圏地盤。ロードサイド型の回転すし店「くら寿司」を直営で展開。店舗運営の自動化先行

従業員数(単独)682人 (連結)1,680人   売上高48,471百万円 経常利益2,989百万円
2008年7月22日(火曜日)
研究会
34-
(株)三井ハイテック
近藤さん進行役の事例研究 56分
金型技術に強み。ICリードフレーム最大手級、海外生産化推進。IC組み立て加工受託

従業員数(単独)1,254人(連結)25,767人 売上高710,880百万円 経常利益12,968百万円
2008年7月29日(火曜日)
研究会
35-
味の素(株)
高橋さん進行役の事例研究 67分
調味料国内最大手。アミノ酸技術に強く、医薬・飼料・電子材料等に多面展開。
海外事業を拡大中

従業員数(単独)3,636人(連結)2,837人 売上高38,572百万円 経常利益2,624百万円
2008年8月5日(火曜日)
研究会
36-
(株)ニトリ
の事例研究 42分
全国トップの大衆向け家具・インテリア販売チェーン。開発輸入家具を推進、本州出店強化

従業員数(単独)2,267人(連結)4,669人 売上高213,982百万円 経常利益24,551百万円
2008年8月12日(火曜日)
研究会
37-
ソニー(株) 
の事例研究 35分
AV機器世界最大。海外で抜群のブランド力誇る。ゲーム・映画・音楽・金融にも多角化
代表者名はH.ストリンガー
従業員数(単独)17,555人(連結)180,500人 売上高4,513,121百万円 
経常利益228,575百万円
2008年8月19日(火曜日)
研究会
38-
サントリー(株)
の事例研究 31分
1899年創業。「水と生きる」というコーポレートメッセージを掲げる、事業の基盤である水という貴重な資源に対して真摯に向き合い、水および水を育む自然環境との共生していくことをめざして、企業活動を推進。事業単位ごとに「食品カンパニー」「酒類カンパニー」「外食・開発カンパニー」の3つのカンパニーを編成。
従業員数(単独)4,334名(連結)20,790名 売上高8,370億円 経常利益357億円
2008年8月26日(火曜日)
研究会
39-
大塚製薬(株)
株式未公開
の事例研究 47分
医療品・臨床検査・医療機器・食料品・化粧品の製造、製造販売、販売、輸出ならびに輸入をしている企業
持株会社大塚ホールディングス(株)が設立するまでは大塚食品、大鵬薬品工業、アース製薬等、国内21社、海外27社におよぶ大塚グループの中核企業であった。株式は未公開である。
従業員数5,323名(連結)20,036名 売上高4,133億円 (連結)売上高9284億円 
2008年9月2日(火曜日)
研究会
40-
加賀電子(株)
の事例研究 79分
独立系電子部品商社。EMS(受託製造)に強み、「TAXAN」ブランド。アップル代理店

従業員数575人(連結)4,944人売上133,854百万円連結売上高291,331百万円経常利益68億円
2008年9月16日(火曜日)
研究会
41-
(株)幻冬舎
の事例研究 61分
独立系電子部品商社。EMS(受託製造)に強み、「TAXAN」ブランド。アップル代理店

従業員数575人(連結)4,944人売上133,854百万円連結売上高291,331百万円経常利益68億円
2008年9月9日(火曜日)
研究会
42-
アートコーポレーション(株) 
の事例研究 65分
引っ越し専業首位。企業やマンションからの一括受注で引っ越しの約6割稼ぐ。欧州車販売も展開 

従業員数1,570人 (連結)2,423人 売上高50,133百万円 3,750百万円
2008年9月30日(火曜日)
研究会
43-
(株)サカイ引越センター
の事例研究 69分
1899年創業。「水と生きる」というコーポレートメッセージを掲げる、事業の基盤である水という貴重な資源に対して真摯に向き合い、水および水を育む自然環境との共生していくことをめざして、企業活動を推進。事業単位ごとに「食品カンパニー」「酒類カンパニー」「外食・開発カンパニー」の3つのカンパニーを編成。
従業員数(単独)4,334名(連結)20,790名 売上高8,370億円 経常利益357億円
2008年10月7日(火曜日)
研究会
Yahoo!ファイナンスにて企業内容を情報検索  ▲ このページのトップへ戻る


会社事例研究 あの人は今 致知研究会 経営戦略DVD1 経営戦略DVD2 福岡藤原塾
経営戦略ビデオの専門店TOP ご注文について 事業概要 法律に基づく表示 お問い合わせ
Copyright (C) 2005 経営戦略ビデオの専門店 All rights reserved.

経営戦略ビデオの専門店